イ  ヌ  ム  ギ 陽地の春〜夏の開花植物
ヤクナガイヌムギ

 

イヌムギ 斜面林下部の道端の群生 12年5月16日
 
ヤクナガイヌムギ 畑の空地の群生 16年5月1日
 

イヌムギの小穂

04年5月1日
イヌムギの小花
右:護頴/左:内頴・目盛1mm
16年5月1日
 

ヤクナガイヌムギの小穂

05年5月5日
同左の小花
右:護頴/左:内頴・目盛1mm
16年5月1日
 

上段と同じ場所の残雪中のイヌムギの株 13年1月 23日
 
 
   科 属 名
 
イネ科スズメノチャヒキ属
  英   名
rescue grass/California brome
 学    名
Bromus catharticus Vahl/ B. carinatus Hook. et Arn.
日本と世界の分布
北海道〜九州、ヨーロッパ・南北アメリカ/ 北アメリカ
   生 育 型
越年草または多年草
 生 育 場 所
市街地、道ばた、空地、畑、樹園地など
   開  花  期
4〜8月/ 4〜7月
 身近な類似種
アレチノチャヒキ・カラスムギキツネガヤスズメノチャヒキ・ヒゲナガススメノチャヒキ
 メ      モ
<イヌムギ>
最近、多くなってきた南アメリカ原産の帰化植物 。この辺りでは、市街地の歩道脇や空地など日当たりのよい場所に生育しています。茎の高さは40〜100cm。緑色の濃い叢生するイネ科草本です。
小穂は3段目画像のように無毛、扁平で緑色を帯び少し光沢があり、長さ2〜3cm。 左画像が小穂で、第1苞頴と第2苞頴の長さが不同です。この中に4〜8個の小花があります。日本では、小花は開花しないで結実する閉鎖花とされていますが開花する小花もあります。
和名は犬麦で、役に立たない麦の意味です。
<ヤクナガイヌムギ>

この辺りではイヌムギと同じ場所に生えています。同じようは形をしております見分け難いとこがあります。イヌムギは3段目画像のように内頴の長さが護頴の1/2前後で、葯の長さが1mm以下、一方ヤクナガイヌムギは4段目画像のように内頴が同じく3/4前後、葯が5mm前後である点が異なるとされています。

back next list home  flora