キレハイヌガラシ 陽地の春〜夏の開花植物

 

水田の畦 02年6月8日

 

公園の株 13年7月18日

 

 花とアリ 04年6月20日

 
   科 属 名
アブラナ科イヌガラシ属
  別     名
ヤチイヌガラシ
  英     名
yellow fieldcress
 学    名
Rorippa sylvestris L.
日本と世界の分布
ヨーロッパ原産の帰化植物、北海道〜本州(東北・関東地方?)
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
道ばた、水田畦、苗木畑など
   開  花  期
4〜7月
 身近な類似種
イヌガラシスカシタゴボウ 
 メ      モ
ヨーロッパ原産の帰化植物。わが国では大正時代末期に北海道大学農場で初めて発見され、舘脇先生ヤチイヌガラシと命名しました。その後、北海道全域の路傍や空地などへ広がり、アスパラガスなど永年性作物の園地・畑地の強害草になりました。数年前から、この辺りでも苗木畑、多年生花卉園、水田畦などで見かけるようになりました。苗木に付着してきた不定根が芽を出し、定着したものと思われます。
この植物はあまり種子繁殖はしません。その代り、根のいたるところに不定芽が分布しており、根が切られると栄養繁殖を旺盛に行います。やや湿ったところを好むようです。そして夏が冷涼なヨーロッパの原産ですが、この辺りの真夏の気候に適応したタイプが生まれると今後、北海道と同じように分布の拡大が起こるものと推察されます。
back next list home flora