オオニシキソウ 陽地の夏 〜秋の開花植物

 

建物周りの株 04年7月9日 
 
葉と葉の切除跡の白い乳液 (左側)

14年7月31日

 
花序の一部と花・果実 16年9月10日
 

杯状花序 と果実 02年9月1日 
 
 科 属 名
トウダイグサ科トウダイグサ属
   英           名
spotted spurge
 学     名
Euphorbia maculata L.,  (Chamaesce nutans (Lag.) Small)
日本と世界の分布
北アメリカ原産の帰化植物で本州〜九州に自生。
 生 育 型
1年草
 生 育 場 所
家の周り、道ばた、空地など
   開  花  期
7〜9月
 身近な類似種
コニシキソウニシキソウ
 メ      モ
北アメリカ原産の帰化植物。道ばたや農耕地などに生える1年草。
草丈は20〜40cm。は1〜3段目画像のように片側に軟毛が生え、帯赤色で、やや斜上します。枝の若い部分には短毛があります。は長さ1.2〜2cm、長楕円形、2段目画像のように鈍頭で、基部は著しく左右非相称で、縁の上半部に微鋸歯があります。茎や葉を切ると、2段目画像のように白い乳液が出 ます。
杯状花序の腺体付属体は、下段画像のようにエプロン状で、著しく発達し、白色か、ときにやや赤みをおびます。
back next list home flora