シマスズメノヒエ 陽地の夏〜秋の開花植物

 

公園のフェンス沿いの群生 13年9月9日
 
田んぼに面した道ばた 00年6月21日
総の一部 05年6月24日
 
小穂の第1小花の護頴 09年7月9日
 

小穂の第2苞頴 右のブラッシュ状のものは雌しべ 13年9月3日
 科 属 名
イネ科スズメノヒエ属
 別    名
ダリスグラス
 英    名
dallisgrass
 学    名
Paspalum dilatatum Poir.
日本と世界の分布
南アメリカの湿潤地の原産で関東以西に自生。
 生 育 型
多年草
 生 育 場 所
道ばた・空地・草原・土手など 
   開  花  期
6〜9月
 身近な類似種
アメリカスズメノヒエ・キシュウスズメノヒエスズメノヒエ
 メ      モ
南アメリカ原産の牧草で、逸出したものが本州から琉球に広く帰化しています。1956年頃に組織的導入が図られ、九州を中心に栽培されました。 この辺りでは道端や土手の草地などに旺盛な発生を示しています。
は高さ50〜150cmです。
花序(穂)は2段目左画像のように3〜7本の総(枝)を開出、または下垂してつけます。総の基部には2段目右画像のように白色長毛があり、軸の片側に2〜3列に小穂が並びます。
小穂は3・4段目画像のように短い柄があり、卵形で長さ3mm内外、縁には白色長毛があります。第一苞頴はなく、第二苞頴は4段目画像のように3脈があり、3段目画像に示す第一小花の護頴と同形・同長です。第一小花は不稔で、第二小花が結実し、護頴は革質で光沢があります。
back next list home flora