サクラタデ 水辺の秋の開花植物

 

湿地での群生 11年9月29日
 
花序の一部と花 花の中の動物は蟻 同上
 
02年10月8日
 
 科 属 名
タデ科イヌタデ属
 学    名
Persicaria conspicua (Nakai) Nakai
日本と世界の分布
本州〜琉球、朝鮮
 生 育 型
多年草
 生 育 場 所
湿地・道ばたの溝地など
   開  花  期
9〜10月
 身近な類似種
シロバナサクラタデヌカボタデボントクタデヤナギタデ
 メ      モ
湿地や水辺に生える多年草雌雄異株。この辺りでは田んぼの用水路、溝地などに所々見られますが最近、減少傾向にあります。
地下に根茎をのばしてふえます。は直立し高さ50〜100cm、よく枝わかれします。は柄があり、長さ5〜13cm、質が硬く両面が有毛、裏面には腺点があります。葉鞘は円筒状、縁に剛毛がります。
穂状花序は上段画像のように少し垂れ、は画像のように花序にやや密につきます。がく(花披)は2・3段目の画像のように大きく淡紅色、5裂し、長さ5〜6mm、腺点があります。 雌株の花は雌ずいが、下段の画像のように長く伸びて3裂しています。
果実はそう果で黒色、3稜形、シロバナサクラタデのような光沢はなく、長さ約3.5mmです。
牛久市版レッドデータブック植物編」では「絶滅危惧IB類」に位置づけられています。 名前は漢字の桜蓼、花の色が淡紅色で、大きく開きサクラのようであるという意味です。

back

next

list

home

flora