ヒメジョオン 陽地の春〜秋の開花植物

 

道ばたの群生 16年6月8日
 
耕作放棄田の群生 13年6月7日
 
墓地での群生 09年6月7日
 
枯草の中の開花個体 14年11月27日
 
茎上部の枝と花序 09年6月7日
 
頭花;周囲の白色の舌状花と中央の黄色の筒状花 同上
 
 科 属 名
キク科ヒメジョオン属
   英    名
daisy-fleabane
 学    名
Stenactis annuus (L.) Cass. (Erigeron annuus (L.) Per.)
日本と世界の分布
北アメリカの帰化植物で全国に自生。
 生 育 型
1〜越年草
 生 育 場 所
市街地、家の周り、道ばた、空地、荒地、土手、畑、樹園地など
   開  花  期
6〜11月(〜12月)
 身近な類似種
アレチノギクオオアレチノギクハルジオンヒメムカシヨモギヘラバヒメジョオン
 メ      モ
越年草。江戸時代末期に北アメリカから鑑賞用として移入され、逸出・野生化した帰化植物です。現在は全国に広まり、この辺りで も1〜4段目画像のように道ばた・休耕地・空地などいたる所に群生しています。
は高さ30〜120cmで、画像のように上部で多く枝分れします。茎の中心部には白色の髄があります 。類似種のハルジオンは茎が中空で髄がないため、 ここを見ると容易に区別できます。
は画像のように頭状花で、直径約2cm、周りに長さ5〜7mmの線状白色の舌状花(ゼツジョウカ) が約100個あり、中心部には80〜100個の黄色の筒状花( トウジョウカ)が集っています。花は晩春から晩秋まで咲き続け、降霜がある11〜12月に花を咲かせている個体が見られます(4段目画像)。
名前は中国の野草「姫苑」に因み、漢字の「姫女苑」です。
 
 「外来生物法」の「要注意生物」指定種。 

back next list home flora