コマツヨイグサ 陽地の春 〜秋の開花植物

 

道ばたの群生 14年9月15日
 
駐車場空地 の個体 03年7月18日 
 
同上
 
 科 属 名
アカバナ科マツヨイグサ属
 別   名
キレハマツヨイグサ
 英    名
cutleaf
 学    名
Oenothera laciniata Hill
日本と世界の分布
関東〜九州
   生 育 型
1年草または短命な1年草
 生 育 場 所
駐車場や釣り人の車が出入りする場所、道ばたなど
   開  花  期
4〜11月
 身近な類似種
ヒルザキツキミソウマツヨイグサメマツヨイグサユウゲショウ
 メ      モ
北アメリカ東部原産の1年生帰化植物で、人里や海岸に多く生えています。この辺りでは多くありませんが最近、目立ってきました。これまでは車が出入りする駐車場や釣り人の車が多い沼川岸辺で見かけるだけでしたが、道ばたでも見るようになりました。
は立つこともありますが、多くはやや横にはい(上段画像)ロゼットを作り、高さ5〜50cm。
花序は茎の上部につき、剛毛や腺毛が生えています。花弁は長さ0.5〜2.2cm、黄色で、しぼむと橙色になります。花は春から晩秋まで咲き続けます。
back next list home flora