マツヨイグサ 陽地の春〜夏の開花植物

 

道ばたの株 14年5月23日
 
休耕畑 の株 05年5月6日 

 

花序と花 同上
14年5月23日
 
 科 属 名
アカバナ科マツヨイグサ属
  英    名
sand eveningprimrose
 学    名
Oenothera stricta Ledeb,
日本と世界の分布
 
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
市街地、家の周り、道ばた、空地、畑の縁など
   開  花  期
5〜8月
 身近な類似種
コマツヨイグサヒルザキツキミソウメマツヨイグサ
 メ      モ
帰化植物。南アメリカ原産の鑑賞用植物が逸出し、野生化したものです。 この辺りでは身近な類似種と比べ発生は少なく、空地などで点々と見かける程度です。
茎の葉は狭楕円形〜披針形、長さ6〜10cm、幅0.6〜1.2cm、縁に浅い鋸歯があります。茎には剛毛と軟毛があり、高さ30〜100cmです。
は画像のように茎の上部の葉腋につき夕暮れに開花します。がく筒は長さ2〜4.5cm。花弁は黄色で長さ1.5〜2.5cm、 花弁の基部に下段右画像のように赤い斑点が1個ありあります。花はしぼむと赤橙色になります。下段の二つの画像の中央に見えるのは、柱頭で5個に裂けており、周りの低い黄色いものは葯です。
back next list home flora