ムシクサ 陽地の春の開花植物

 

池の畔の群生 14年4月24日
 
市街地の植込みの群生 10年5月13日
 
茎上部の葉と花 05年4月10日
10年5月13日
 
果実 同上
 
 科 属 名
ゴマノハグサ科クワガタソウ属
 学    名
Veronica peregrina L.
日本と世界の分布
本州〜琉球、アジア・アメリカ・オーストラリア
   生 育 型
1年草
 生 育 場 所
道ばた・田んぼ・畑などの湿った場所
   開  花  期
4〜5月
 身近な類似種
イヌノフグリオオイヌノフグリタチイヌノフグリフラサバソウ
 メ      モ
小さな1年草。茎は2段目画像のように基部で分枝し、やや斜めに伸びるか直立し、高さ10から20cm。葉は茎の下部では対生上部では互生になり、広線形または狭披針形をしています (1〜3段目画像)。葉縁は全縁か、時には同上画像のように不明瞭な鋸歯があります。長さ8〜25mm、幅2〜5mm。
がく裂片は広線形、花冠は4段目画像のようにやや紅色を帯びる白色で深く4裂し、径2mmほど。果実は刮ハで、下段画像のように扁平で先がやや凹んでい て、幅3〜4mm。
時に花の子房の中に甲虫が産卵し、果実が幼虫のために異常に膨らむことがあるため、ムシクサの名がつきました。この辺りでは以前は水田雑草として普通に生えていましたが、現在では希少種になってしましました。
back next list home flora