タチチチコグサ 陽地の春〜夏の開花植物

 

駐車場周りの群生 98年5月10日
 
花序の上部と葉 08年6月7日
 
頭花 左は開出した総苞片 13年6月7日
 
 科 属 名 
キク科ハハコグサ属
  別    名
ホソバチチコグサモドキ
  英    名
linearleaf cudweed
 学    名
?Gnaphalium calviceps Fern.
日本と世界の分布
 
   生 育 型 
越年草
 生 育 場 所
市街地、家の周り、道ばた、空地など
   開  花  期
5〜7月
 身近な類似種
ウスベニチチコグサウラジロチチコグサチチコグサモドキハハコグサ
 メ      モ
アメリカ大陸原産の帰化植物。 道ばたや草地などで最近、目立ってきました。
高さ10〜30cmで、上向きの白い毛が密生しているため、全体に白っぽく見えます。他の類似種に比べ、葉が細 く、植物体が白いのが特徴です。
頭花は2段目画像のように穂状に配列し、総苞の下部が下段画像のように膨れています。
back next list home flora