タマミゾイチゴツナギ

陽地の春〜夏の開花植物

 

林縁の木陰の群生 13年5月9日
 

林縁の水路畔の群生 04年4月24日 
 
肥大した茎基部 06年5月9日 
 
 科 属 名
イネ科ナガハグサ属
 学    名
Poa acroleuca Steud.var.submoniliformis Makino
日本と世界の分布
本州〜九州、朝鮮南部
   生 育 型
1年草または越年草
 生 育 場 所
道ばた、空地、土手、草原などのやや陰った場所
   開  花  期
4〜7月
 身近な類似種
イチゴツナギスズメノカタビラナガハグサミゾイチゴツナギ
 メ      モ
軟弱なイネ科1年草。日当たりのよい草原や1-2段目の画像のように、林縁の木蔭などに広く自生しています。
高さ30〜80cmです。地中の株元の1〜2節が下段画像のように膨らんでいます。 これが和名の由来になっています。 ミゾイチゴツナギの変種ですが、この辺りではタマミゾイチゴツナギの方が多いようです。
back next list home flora