スズメノカタビラ 陽地の春・秋開花植物

 

真冬の出穂状況 11年1月2日
 
舗装路の株 02年11月7日
 
空地の群生 98年5月10日
小穂 09年6月9日
 
 科 属 名
イネ科ナガハグサ属
 英     名
annual bluegrass
 学    名
Poa annua L.
日本と世界の分布
北海道〜琉球、旧世界の原産で世界中に分布。
   生 育 型
1年草または越年草
 生 育 場 所
市街地、家の周り、道ばた、空地、田の畦、イネ刈跡の田、畑、樹園地など
   開  花  期
1〜12月
   類 似 種
イチゴツナギタマミゾイチゴツナギナガハグサミゾイチゴツナギ
 メ      モ
全草がやわらかく、草高10〜30cm、茎は束になって伸びますが、単独で生育する場合や上段画像のように踏みつけられると横に伏します。 上段画像は歩道で踏みつけと寒さに耐えて根元から茎が叢生している状態で、草高5cm、株の直径10cmです。葉の先がやや丸味があるのが特徴で、ボート形といいます。開花の最盛期は春から初夏ですが、周年咲いています。イネ科植物のなかでは最も身近な人里植物で、いたるところに生えています。また冬作の野菜・麦畑や芝生の雑草としても重要です。
和名は雀の帷子(カタビラ)で、小さい花が群がって穂を作っている状態に由来します。
09年6月10日に下段に右画像の小穂の拡大画像を追加しました。小穂には画面左の第1苞頴と同右の第2苞頴と3個の小花が見えます。
11年3月2日には上段の真冬の出穂状況の画像を追加しました。
back next list home flora