ホソバノヨツバムグラ 水辺の夏の開花植物

 

 
ホソバノヨツバムグラ自生地の湿性草地 14年7月5日
 

草地の群生 同上
 

開花期の個体上部 同上
 

花序と花 花の中央の円い部位が柱頭・淡紫色の部位が葯  同上

花茎の抽出葉と3・4枚の花弁 14年8月19日

 

 科 属 名
アカネ科ヤエムグラ属
 学    名
Galium trifidum L. var. brevipedunculatum Regel.
日本と世界の分布
北海道〜九州、朝鮮・中国・北アメリカ
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
田んぼの畦、湿地など
   開   花   期
6〜8月
 類 似 種   オオバノヨツバムグラヒメヨツバムグラヤエムグラ・ヨツバムグラ
 メ      モ
低地から亜高山帯にわたる湿地に分布する多年草です。この辺りでは、1段目画像のように牛久沼周辺の湿性地に群生しています。
茎は細く、斜上して長さ20〜50cm、4稜があり、稜上には少数の下向きの刺があります。は3段目画像のように普通4枚ですが、ときに5〜6枚輪生し、狭長楕円形または倒披針形で、長さ0.5〜2cm、幅1.5〜5mm、先は円形で、縁と両面中脈上にわずかに下向きの刺状毛があります。
花序は3段目画像のように枝先と葉腋から出て、2〜5個の白色の小さな花をまばらにつけます。花冠は4段目画像のよう にふつう3裂ですが、下段画像のように希に4裂もあり、平開し径1mmほどです。雄ずいは3段目画像のように3本。果実は無毛です。

back

next

list

home

flora