植物をたずねたあしあと 5.海外旅行と身近な植物

 

4.プロヴァンスの早春の人里植物 (2002年4月26日)

「LOOKJTBきままな小旅行」を利用し、南仏プロヴァンスの古都観光。2002年3月13日早朝、新幹線TGVでパリのリヨン駅を発ち3時間半でドライバーが待つアヴィニヨン駅へ。彼の片言の英語と日本語案内書を頼りにサンベネゼ橋、法王庁、ローマ時代の水道橋、レ・ボー廃城、ドーデの風車小屋、ゴッホのはね橋を回り、夕方アルル着。翌14日はサン・トロフィーム教会、古代劇場、円形闘技場等の順に歩く。ローマ時代や中世時代からの圧倒的な石造建築物の数々には驚くばかりでした。それと、寒々しくよどんだパリに比べ、南国の明るい陽射しが身にしみました。

観光名所もさることながら、道ばたや建物の周りに自生している植物にも目を向けました。多くは日本の早春の人里植物と共通しており、人里植物がコスモポリタンであることを実感しました。スズメノカタビラナズナハコベ等が咲いており、懐かしい思いでカメラを向けました。ここに取り上げた植物は、各地の観光箇所で写した代表的な種類です。名前が確定できない画像もありますし、また名前が間違っている画像があるかも知れません。ところで、街路樹のプラタナス(モミジバプラタナス?)の多さには目を引かれました。

アルルはゴッホが2年間で300もの作品を生み出した所縁の地ですが、「はね橋」以外は所縁の場所をたずねることができませんでした。1888年パリから移り住んでゴーガンと共同生活を営み、この地で耳切り事件を起こしたことは有名です。

プロヴァンスで写した植物の正確な名前が分かればと思い、15日寒気のなかパリ植物園へ行ってみました。見本園の人里植物は限られていましたが、ニオイアラセイトウとムスカリ属の1種が咲いており幸いでした。その他、樹木ではヤマザクラの仲間、スイカズラ属、ガマズミ属等が、草本ではアヤメ属、ツルボ属、ヒヤシンス属等が開花中でした。

 

アヴィニヨン

 
サン・ベネゼ橋 2002年3月13日。12世紀に建設された橋で、ローヌ川の氾濫で壊れたまま放置。壊れた橋、水面と川畔の新緑が美しくマッチしていました。

 

オオイヌノフグリ サン・ベネゼ橋付近の川畔の草地。
ナズナ アヴィニヨンのロシェ・デ・ドン公園の芝生。
ノボロギク 同左公園から法王庁宮殿への道ばた。

 

ニーム

 
ポン・デュ・ガール  世界遺産。古代ローマの紀元前19年頃に造られた水道橋。石灰岩のアーチ型三段重ねで長さ275m、高さ48m、最上部を水が流れていた。今は最下部のアーチの上を通行。
 
ニオイスミレ ポン・デュ・ガールの石柱の割れ目。日本では園芸種。
ムスカリ属(Muscari botryoides) ポン・デュ・ガールの草地。日本の園芸種。
キケマン ポン・デュ・ガールの近くの草地。

 

アルル郊外

レ・ボー廃城 中世の建築。白い石灰岩上の廃城を展望できる場所へ案内され、その異様な姿に思わず息を呑みました。城崖は1632年にルイ13世の宰相により破壊。
ニワナズナ レ・ボー城の上。日本では園芸種。沢山自生 。
ニオイアラセイトウ(Cheiranthus cheiri) レ・ボー城の上。
キク科 オオジシバリに似た植物。レ・ボー城の上。

 

アルル

  
左:円形闘技場右:アルルの町とローヌ川 闘技場の上から。2002年3月14日。紀元1世紀頃建設。今でも使用。

   

セイヨウタンポポ 公園の芝生。日本のように多くありませんでした。
ツタバウンラン 古代劇場の階段の割れ目。 後日、自宅近くの歩道で発見。
ヴァン・ゴッホ橋 ゴッホに因んで復元されているものの一つ。

 

              パリ植物園

パリ植物園 2002年3月15日。右のサクラは植物園で咲いていたものです。

 

サクラ Prunus serrulata var.spontanea

 back  home