アメリカセンダングサ 水辺の秋の開花植物

 

道ばたの溝地の個体 02年10月8日 
 

頭花の側面と総苞外片 14年10月3日

頭花の正面と総苞外片 05年10月4日 
 
 科 属 名
キク科センダングサ属
 別    名
セイタカタウコギ
 英    名
devils beggarticks 
 学    名
 Bidens frondosa L.
日本と世界の分布
北アメリカ原産の帰化植物で本州〜九州に帰化。
 生 育 型
1年草
 生 育 場 所
湿地・道ばたの溝地・水田など
   開  花  期
9〜11月
 身近な類似種
 コセンダングサコシロノセンダングサコバノセンダングサセンダングサタウコギ
 メ      モ
道ばたの溝地(上段画像)、湿地、田んぼなどに生える1年草水田雑草。この辺りでは用水路や田んぼの周り、田んぼのなかに点々と生育しています。
は高さ1〜1.5m、上段画像のように暗紫色をおびます。は3〜8個の小葉に分かれ、小葉は有柄、長さ3〜13cmで軟らかです。
頭花は黄色、上段画像のように枝先につき、2・3段目画像のようにごく短い舌状花がありますが 、外からははっきりせず、大型の総苞外片が放射状に6〜10個つき、葉状で目立ちます。
別名の背高田五加木(セイタカタウコギ)はタウコギより背が高いことによります。
 「外来生物法」の「要注意生物」指定種。

 

back

next

list

home

flora