ツルフジバカマ 陽地の真夏〜秋の開花植物

 

川 堤の群生 04年9月7日 
 
花序の一部 同上
果実 04年10月13日
 
 科 属 名
マメ科ソラマメ属
 学    名
Vicia amoena Fisch.
日本と世界の分布
北海道〜九州、朝鮮・中国・南千島・樺太・アムール・ウスリー・シベリア
   生 育 型
つる状多年草
 生 育 場 所
道ばた・土手・草原など
   開  花  期
8〜9月
身近な類似種
オオバクサフジカラスノエンドウスズメノエンドウ
 メ      モ
道ばたや草原に生えるつる性の多年草。茎は稜があり、長さ80〜200cm。葉は白軟毛(時に無毛)があり、長さ15cmに達し、小葉は互生し10〜16枚で、先端は分枝する巻きひげになり、これで他物に巻きつきます。托葉は大きく厚ぼったく、縁に数個のあらい歯が(大きいギザギザ)。花は上の左の画像のように、葉腋に5〜15cmの一側に偏った総状花序につき、右下の画像のように長さ12〜15mmの紅紫色の蝶花を咲かせます。豆果は右上の画像のように、狭楕円形、無毛、扁平で長さ2〜2.5cm、3〜5個の種子が実ります。
和名の蔓藤袴(ツルフジバカマ)は牧野富太郎先生によれば、紫色の花をフジバカマになぞらえたものとされているが、平凡社「日本の野生植物(II)マメ科」の著者大橋広好博士は、「蔓藤は草状を指し、袴は托葉の様子に基づいたものである。」としている。後者の方が自然な感じがします。
この辺りでは、身近な住宅団地の植込みに生育していますが、庭木に着いて持ち込まれたのではないかとみています。普通は川岸の土手や草原などの限られた場所 に自生しているだけです。「牛久市版レッドデータブック植物編」では「準絶滅危惧」に位置づけられています。

back

next

list

home

flora