オオスズメノカタビラ 陽地の春〜夏の開花植物

 

 

オオスズメノカタビラの群生 根古屋川管理道路と両側の草地 17年5月14日
 
  個体群の花序  07年5月18日
 
稈基部
 
稈基部の肥厚型(タマオオスズメノカタビラ)
07年5月18日 
 
葉舌
 
小 穂
護頴
内頴
 
 科 属 名
イネ科ナガハグサ属
 英   名
rough meadowgrass, rough bluegrass
 学    名
Poa trivialis L. subsp. trivialis
 分   布     
ヨーロッパ〜西南アジア・北アフリカ原産で、北海道〜九州に帰化
   生 育 型
多年草 
 生 育 場 所
道ばた、草原、荒地など
   開  花  期
5〜8月
 身近な類似種
イチゴツナギスズメノカタビラタマミゾイチゴツナギナガハグサミゾイチゴツナギ
 メ      モ
道ばた、草原、林縁などに生える多年生のイネ科帰化植物です。最近、耕地雑草として問題になってい ますが、この辺りでも市街地・住宅地の空地や道ばたなどに目だってきました。
稈は高さ40〜100cm。円錐花序は長さ3〜20cm、各節に3〜7本の枝を開出します。枝はざらつきます。葉舌は 3段目画像のように膜質で長く、長さ4〜10mmで先はやや尖ります。
小穂は4段目左画像のように長さ3〜4mmで、2〜4個の小花があります。苞頴は不同長で、第1苞頴は1脈で長さ2〜3mm、第2苞頴は3脈で長さ2.5〜3.5mm。護頴は5脈で長さ2.5〜3.5mm、竜骨と縁脈の基部に短軟毛があります (4段目中央画像)。内頴は護頴とほぼ同長で竜骨の小刺針は目立ちません(4段目右画像)。この点、イチゴツナギの小刺針は倍率の低いルーペでも分かります。護頴の外側基部に長い綴毛(テツモウ)があります
身近な10箇所ほどの集団を調べましたところ、全長は平均130cm、葉舌は平均長6mm、穂の枝のざらつきは強いものから弱いものまでありました。また、養水分ストレスが強い道ばたの株は基部が紅褐色を呈しており ました(株基部の紅褐色型)。さらに、大部分が稈基部の節間が 中下の画像のように肥厚していました(稈基部の節間肥厚型)。これはオオスズメノカタビラの亜種、タマオオスズメノカタビラ P.t. subsp. sylvicola Lind.f で、近年各地で急増しているそうです(平凡社:日本の帰化植物 250頁)。
back next list home flora